歯科細菌「0」をめざして活動しているPOIC(R)研究会

10 09, 2016
特定非営利活動法人 POIC(R)研究会では予防歯科診療を普及させる活動を行っています。
具体的には「院内細菌の感染対策」と「歯医者は歯を削らない場所へ」ということでして、
歯科医院を受診する私たちにとっても非常に興味深い活動をされています。
歯科医院は虫歯になったら行くところという考えは私たちも改めなければいけないかもしれませんよね。
また院内細菌の感染対策活動もされているということですが、
その発端となるような非常にショッキングな記事が読売新聞に掲載されていました。
私たちが歯の治療を受ける診察台のチェアを通る管、
そこにうがいや治療時に使う水が通っていますが、診察時間外の水が行き来しない間、
管内に水が停留しているため、細菌が増殖する状態に陥っているというのです。
このような現状の歯科医院に対し POIC(R)研究会は
細菌検査を行い「細菌0」の医院を認定していこうと考えているのです。
水質検査を行った医院には水質検査の結果と認定証が発行され、
医院内に掲示されているそうです。
歯科医院も医師の腕だけではなく、
安全で清潔な歯科医院を選ぶということも必要なんだと考えさせられました。
またPOIC(R)研究会は歯の治療を受ける患者たちにとってありがたい存在ですよね。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの情報
0 CommentsPosted in 情報
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー